TOP


無精子症とは

精液中に精子が全くいない状態のことを無精子症といいます。精液が多くでていても精子が全くいなければ自然妊娠することがありません。男性諸氏の中には「精液があるから大丈夫」とか「精液がきちんとでているから精子は問題ない」など大きな勘違いをしている方が少なくありません。精液があっても精子は全く別物の問題です。したがって必ず精液検査を行い無精子症であることはきちんと精査する必要があります。
 北村クリニックでは精液検査所見が悪い症例については基本的には複数回の精液検査を行い、診断の正確性をアップさせることを重要視しております。無精子症と確実に診断するには最低でも二度精液検査をしておくことが望ましいです。このように精液がきちんと出ていても精子がその中に全くない状態を無精子症と呼ぶことを覚えておいてください。精液が出ないという現象は、射精障害の一部の症状なので、無精子症とは別の疾患概念になります。

無精子症の種類について

無精子症には二種類のタイプがあります。精子が産生されていても体外に出て来ることができない状態である閉塞性無精子症と、精子を作る働き自体が障害されている非閉塞性無精子症です。 前者の閉塞性無精子症の原因疾患として
  • 精巣上体炎の後遺症(精子の通過経路である精巣上体が閉塞して精子が体外に出て来られなくなります)
  • 精管の欠損症(左右の精管が両側欠損すれば精子の通路がありません)
  • 精管の切断後(幼少時の鼠径ヘルニア手術や精巣の手術などの合併症で時々見かけます)
などがあります。 この場合基本的には成熟した精子がどこかに詰まっている場合が多いのでその部位から精子を採取することで、顕微授精が可能です。したがって閉塞性の無精子症でも精子採取と顕微授精での妊娠実現は可能であります。また詰まっている精管、精巣上体などの閉塞部をバイパスして顕微鏡下に再吻合する手術も行われる場合があります。私も精管精管吻合手術、精巣上体精管吻合手術などの非常に細かい作業の必要な吻合手術を何例も行ってきましたがほぼ半数程度の開通率ですから、手術成績としては、吻合手術を行っても完璧ではありませんので、精子採取と顕微授精とを組み合わせて行うことも多いです。そして後者の非閉塞性無精子症が、無精子症の主な疾患であります。先天的か、あるいは後天的に精子を作る力が低下・消失してしまうことから精子が精液中にゼロになってしまうことを言います。
先天的な問題として、特発性の造精機能障害、クラインフェルター症候群などの染色体異常、などがあります。
後者の後天的な要因としては、抗がん剤加療による後遺症、ムンプス精巣炎(おたふくかぜの精巣炎症のこと)の後遺症、下垂体など内分泌器官の障害などがあります。内分泌障害の場合にはホルモン補充などにより、あるいはホルモン以上の原疾患治療にて無精子症が治癒することも少なくありません。この場合、精子が全くいないと判定されていますが、顕微鏡下の精巣内精子採取手術、マイクロテセ、microdissection Testicular Sperm Extraction MD-TESE と言われる手術にて、精巣の内部から、ごくごくわずかに精巣組織の中で産生されている精子を採取することで顕微授精ができるチャンスがつかめます。

したがってこのような非閉塞性無精子症の症例でもお子様を諦める前に、是非とも顕微鏡下の精子採取手術を検討していただきたいと思います。

顕微鏡下精巣内精子採取手術

この手術は精巣内部にわずかに生み出されている可能性のある精子を探し出してくる手術であり、無精子症の症例に、実子実現のチャンスを作る大切な手術になります。局所麻酔にて行うことができます。陰嚢部分の小さい切開手術創部で手術は可能です。技術的には、それほど難易度の高い手術ではありませんし、患者さんへの重症な合併症が起こる手術でもありませんのでご安心ください。
北村クリニックにおいては、過去からの手法である精巣を丸ごと外に引っ張り出す脱転作業無しで、ウインドウ様に皮膚皮下組織開窓しての非脱転法でのマイクロTESEを一部症例においては採用しており目覚ましく術後の疼痛が改善しています。手術の実際については、精巣の内部の精細管という精子が生まれる組織を観察して精子が産生されていそうな精細管をよく観察(この精細管確認には経験が必要)細かくサンプリングして熟練の培養士の顕微鏡チェックを受けながら精子の探索を勧めます。精子を確保できればもう一回再度確認して基本的には同時期に採卵した卵子との顕微授精をフレッシュな状態で行います。できるだけ受精妊娠率が最大になる方法で手術、生殖医療を行います。無精子症の症例にとっては、非常に有効な手段でありしかし全例で精子が見つかるわけではない事実、そして一部の症例においては術後に男性ホルモン低下が起こる可能性があること、などは覚えておくべき重要な点であります。しかし実子実現については多くの人が望む自然な欲求であると思います。

無精子症と言われても簡単にはあきらめずに顕微鏡下の精巣内精子採取などでチャンスをつかむことも是非前向きに検討してください。 北村クリニックではどのような状況であっても患者さんの支援を精一杯行います。

精巣内精子採取手術の術後の問題

ここで見落としてはいけないのは、精子が採取できず顕微授精も出来なかった症例の場合の問題だと思います。再度反対側の精巣から再挑戦する場合もありますが、大切なのはやみくもに再挑戦するのではなく、詳しい遺伝子検査、無精子症感染の遺伝子検査を是非とも行って、精子採取の成功率の評価をきちんと行うことが欠かせないと思います。無精子症症例全員すべてに初診時から細かい遺伝子検査まで強制的に行うことは当院ではしません(希望があれば施行します)が二回目の挑戦の場合は遺伝子検査推奨しています。また男性ホルモン低下の有無についての経過観察、精神的なショックもあると思いますのでいろんな意味でのサポート、ケアが必要であると考えます。このように無精子症症例の実子実現については、不成功に終わることも少なくありません。ただただ精子採取の手術のみをすればいいということではないと思います。
人生の選択肢は多様であってもよいと私は考えています。時として、不妊治療は長年取り組む人によっては、非常に狭い視野になって盲目的に辛い治療を継続して時間を費用と精神力だけが弱る人も多いものです。私は男性不妊、生殖医療の専門家として、大切に思うのは個々の人間全員の命も人生も貴重で尊いものであるということです。不妊治療が成功しなくても何らその人の尊厳が損なわれるものではありません。いたずらに経済主義に走り長い不妊治療を施す医療機関もあるかもしれませんが、北村クリニックとしてはそのような悪しき診療は一切行いません。個々人の尊厳を尊重し、各々の人生をいかに生き生きしたものにするか。その一点のみを追求していきます。しかしあらゆる治療においてはまず100%の成功率を目指して最大限の努力をします。その時現在の医療の生殖医療技術でも妊娠が叶わぬ人もいます。当院には結果不成功であってもその後も夫婦で仲良く通院してくださる方々もとても多いです。無精子症の不妊治療については技術的な問題だけではなくこのような人生観にもかかわる問題があるのも大切な事実として知っていただきたいと思います。

成功不成功に関わらず、北村クリニックに来院していただき受診してくださった皆様とはかけがえのないご縁であると考えています。どのような状況になろうとも最大限の支援、援助を喜んで行います。

精子採取の手術をご希望の方々へ

精巣から直接精子を採取する手術が精子採取と言います。当院では精巣組織は男性にとって極めて大切な臓器であり、無駄に損傷を与えることが決してしてはいけないと考えています。また同時に精子を採取するのであればせっかく手術するなら、手術時点で最も形態運動の良好な精子を何とか採取しておきたいと考えています。したがって古くからの肉眼的な手術・処置では不十分であると考えています。つまり肉眼的に処置をすることの限界があり、肉眼のみでは無駄な損傷、不必要な組織の採取が避けられないからです。

精巣組織を採取し扱う場合は基本全例において顕微鏡下に丁寧にかつ細心の注意をもって精巣白膜内部のあらゆる血管損傷がないように配慮して、かつ無駄な精巣組織をとらないために精細管の観察の為顕微鏡下に精子が含まれている可能性のある組織のみを採取するように努力します。

またすべての手術において、熟練の培養士が必ず同席し、手術看護に習熟した看護師も助手をつとめ、手術中リアルタイムで極めて迅速に採取細胞、精子のチェック、鏡視下の観察を行い、かつ、目標とする形態も運動も良好な精子が採取できるまで可能な限り丁寧にかつ必要最小限のサンプリングを反復し、妊娠実現のため、妥協せず処置を行っていきます。

そして、手術に関しては最終的にはご本人の自由意志が最も大切です。納得のいく選択をなさってください。また、当院での治療を選択していただければ、当然のことですが、全力でより良い手術を提供するべく当法人全職員、全身全霊で治療にあたります。