TOP


男性更年期障害

男性更年期障害

※一部のホルモン補充療法や投薬・検査について保険適応外になります。詳細は【料金表】を参照してください。

「男性更年期」といった言葉を皆さんは聞いたことがありますか?
女性の更年期障害については一般的に認知されている傾向がありますが、男性の場合はどうでしょうか?
男性についても年齢の進行、つまり加齢によって、いわゆる若い時の男性としての活力や精神的なエネルギーが低下しうるものです。
男性にとっての活力とは、「意欲」「闘争心」「決断力」「性欲」「性的能力」などがあげられます。バイタリティーとも呼ばれますが、このような一連の力の低下が問題になってきます。

そして「睡眠」「食欲」「判断力」「記憶力」「精神状態」にも影響が及び、一部「視力」「聴力」についても反応が見られることがあります。 まさに男性として、心身広範囲に少なくない諸症状が出る可能性があるものが、「男性更年期症状」と言えます。 そして一部の男性にとっては大きな苦痛を伴うほどの身体・精神症状が出るほどに、男性としてのホルモンバランスの乱れなどが起こってしまうことがあります。


また、人によっては、医療機関に相談したものの器質的な異常が無いと言われ原因がよくわからずに、心療内科に通院したり、内科に通院したりしても今一つ改善しないことがあります。

当院では「男性科」診療所として、男子諸氏のより健康で活力ある人生のお手伝いをしたいと常に望んでいます。そして、単純な男性としてのホルモンのバランスの問題だけではなく、運動不足や食生活の乱れ、ストレス過多の生活など、生活習慣全般のより健康的な方向性への修正の助力も大切にしています。単なるホルモンのみの問題ではなく、総合的な因子が絡み、壮年期や一部青年期の男性諸氏の活力低下が起こります。性的能力、勃起能力だけの問題でもなく、あらゆる精神状態に大きな影響が出る男性更年期の問題です。当院の重視することは、適切に各症例に真摯に対応し、医療、食習慣、運動習慣、メンタルトレーニング的な側面から、あらゆるサポートを行い、全力で皆様の人生の喜び、充実感の向上に取り組みたいと思います。

まずお気軽に相談に来院してください。医療法人男健会北村クリニック、全スタッフがお待ちしております。

このような気になる症状はございませんか?

  • 最近、疲れやすい。
  • やる気がでない。
  • 自分がうつ病かと思う。
  • 寝つきが悪い。
  • 勃起力がおちた。
  • 性欲が落ちてきた気がする。
  • 睡眠中勃起や、朝立ち(早朝勃起)が減ってきた。
  • ますますおなか周りに脂肪がついて太りやすい。

検査について

問診、採血検査など

更年期障害の治療について

診察結果によって個々の症例に最適な選択を行います。

  • ホルモン補充療法:多くは筋肉注射による約2-6週間に1回程度の補充療法を行います
  • 漢方薬療法
  • ホルモン調整薬などの投与
メリット
  • 若返り効果
  • 体力 筋力 精力の増強 骨粗鬆症の予防
  • 精神的な積極性の復活(バイタリティーのある精神状態)
など
デメリット
  • 筋肉注射部位の痛み、内出血(血液さらさらになる薬を飲んでいる人は注意が必要です。)
  • 肝障害、吹き出物などの皮膚障害(まれです)
  • 治療の急激な中断によるホルモン低下症状  
など
※  自分の子供を今後、希望する場合は適応外です。
※  前立腺癌あるいは、その疑いがある人や、男性ホルモンの投与が禁忌の患者さんには適応外です。