TOP


性行為に伴い感染をきたす疾患で非常にたくさんの種類があります。 排尿や陰部の症状に伴うことが多く、恥ずかしいため、他人に知れらたくない、病院が怖いなどのためついつい受診をためらいがちになります。しかし北村クリニックで は専門医師の判断にて適切に診療を行います。プライバシーには完全に配慮し守秘遵守であります。心配は全くございません。しかも痛みのある検査などはありませんのでご安心ください。

クラミジア尿道炎

日本人でもっとも多い性行為感染症であります。男性も多くは無症状なので注意が必要です。尿道や前立腺、精巣上体などに感染をおこします。精子の通過経路である精巣上体に感染が強いと、無精子症の原因にもなりますし、女性の卵管や骨盤周囲の炎症からの女性の不妊症の原因にもなりますので、男女とも非常に大切な性行為感染症です。現在は特効薬もありほぼ完全に治療が安全に速やかにできます。
なんらかの症状、感染した心配がある、パートナーに感染があった場合などは速やかに受診していただくことが望ましいです。反復して何度も感染する方もいらっしゃいます。その都度治療が必要になります。

淋菌性尿道炎(淋病)

クラミジアと同じように尿道・膀胱などに感染して尿道炎をおこしますが症状がはっきりしていることが多いです。しかし抗生物質に抵抗力をつけた淋菌が多いため、飲み薬での効果が低く第一選択は点滴療法になりますが、この点滴療法での有効性はまだ現在では高い著効率です。通常一回点滴で治癒することが多いですが何回か点滴治療する症例もあります。放置すれば炎症が尿道以外にも広がります。
また尿道の粘膜が傷つき、後遺症で狭窄(内腔が狭くなり尿が通りにくくなる)が起こると少し厄介です。また淋菌は咽頭や関節などほかの部位に感染を起こすこともありますので注意が必要です。

コンジローマ

これは陰部中心に発生する「いぼ」の様な皮膚病変で 大きくなるとカリフラワー状になってきます。ウイルスから起こる皮膚病変の性病の一種で、潜伏期間が長めなのが特徴です。外科的切除や専用の軟膏などの治療がありますが、亀頭部や尿道周囲には専用の軟膏は使用できないので注意が必要です。女性の子宮頸がんとの関連もあり、パートナー共々で速やかな治療が望ましいです。
まずは陰部の皮膚病変については、あれこれ悩まずに診察に来ていただければ専門医師の観点から適切に診療したしますので心配はありません。北村クリニックでは手術的除去も迅速・安全に施行しており随時治療可能です。

梅毒

最近日本では再度増加が心配されている病気です。感染当初は陰部のただれのような病変などから始まるが無症状なので進行してしますことがあります。無痛性潰瘍ともいわれます。採血検査などは必要になります。適切な抗菌剤にて適切に治療は可能な病気です。進行すると神経など他の臓器に障害がでますので、過去の病気だと侮らずに対処することが必要です。

肝炎

性行為感染症で、肝炎が関連すると思っていない方が非常に多いですがB型肝炎はじめ一部肝炎は性行為での感染があります。採血検査・腹部超音波検査などで判断いたします。重症になることもある疾患なので心配な場合は必ず受診してください。気になる症例があれば随時検査は採血のみで可能ですから是非とも相談に来てください。

エイズ(HIV感染症)

名前は有名であります。潜伏期間もありはじめはほぼ無症状に経過します。少しでも感染接触の危険があるのであれば是非とも検診を受けるべきです。最近ではウイルスに対抗する有効な薬剤が多数使用されていますので、ずいぶんと病気の発症を遅らせるコントロールができるようになってきました。心配であれば、悩む前に検査しておくことをお勧めします。検査結果、診察内容については完全にプライバシーに配慮しておりますので、他の人に知らせる心配は一切ございません。

陰部ヘルペス

水ぼうそうや、口角に時々できたりするいわゆる痛みのある水泡などと同じ仲間のグループのウイルスから発症します。多くは水泡形成(水ぶくれ)して痛みがあり、熱が出たり、鼠径部のリンパ節が腫れたりします。つらい痛みもあり、重要なことは放置すれば慢性的な疼痛だけがずっと残ってしまったりします。したがって、初診から速やかに強力に治療し、疼痛管理することが最重要です。おかしいと思ったら至急診察に来て下さい。

毛じらみ

意外に現在でも頻度の高い疾患で非常にかゆみが陰毛周囲に起こります。陰毛に住みつくシラミが原因で、専用の洗剤や、剃毛(陰毛を剃ります)などで対処することが必要になります。周り人々に広がる前に適切に対処が必要です。おかしいかゆみがある場合可能性がある疾患です。

よくある症状

  • 陰部、外性器のできもの、皮膚の異常
  • またの付け根のぐりぐり
  • 水ぶくれの様な痛みがある皮膚病変
  • 痛みはないけど潰瘍みたいな陰部の傷
  • カリフラワー様の少し変わったごとごとしたイボ
  • おしっこする時の痛みや残尿感
  • 陰部のかゆみや皮膚・粘膜の赤み
  • 白いカスが出て違和感・かゆみがある
  • 異常な量のおりもの
  • 尿道から膿が出る
  • +熱やのどの痛みなど


基本的な診察の流れについて

1. 問診 正確に記載してください。

正確な生活歴の確認は病気の診断にとても役立ちます。

2. 尿検査・検温 など

受尿の検査にて クラミジアや淋菌もDNAレベルで正確に検査します この検査は 結果判定まで数日はかかります。

3. 視診 触診(陰部・性器について)

特に誰かに見られることもなく痛みもありません、恥ずかしいと思うかもしれませんが皮膚や外性器の視診、触診はとても重要です。 以後は症例によって追加する検査です。

4. 腹部超音波検査(エコー検査・痛みなしの検査です)

そけい部のリンパ節の検査、精巣や精巣上体のチェック、他の尿路感染症のチェックなど。

5. 血液検査

種々の病原体、細菌、ウイルスの有無について、血液一般の採血データと合わせて評価・診断するために必要となります。 結果判定に1日から数日要するものまでありますので一部の検査について当日説明ができませんのでご理解ください。などなどが診察の一般的な流れになります。

特別にしんどい検査はありません。しかも我々は完全に守秘義務を順守して患者さんの身体・プライバシーの安全保護については最大限の配慮をしております。まずご安心ください。
梅毒を始め、幾つかの性病も決して過去の病気ではありません。放置すれば病状が悪化する懸念もあります。

またとりわけ、これからお子様を授かりたいと考えている様な若い男女の場合には、性病一般は妊娠や胎児の成長、出産にも大きな影響があります。時には不妊症の一因になったりします。 恥ずかしいや診療に行きにくいという気持ちは凄く理解できますので、その思いはきちんと我々医療機関は受け入れをいたします。安心してまずは相談に来てくださると嬉しいです。

性病一式検査(自費診療)について

性病一式検査セット

料金:9,800円(税別)

結果説明と結果書類お渡しについては約5~7日後に可能です(上記料金に含む)。
尿検査 血液検査 問診(クラミジア 淋菌 梅毒 B・C肝炎 HIV)
もし検査結果に異常があり、明らかな疾病が確定すれば以後は保険診療料金となります。
保健診療ではないので、プライバシーは完全に保護され、保険機関、職場、ご家庭などに受診の情報が伝わることは一切ございませんのでご安心ください。

性病について少しでも不安がある方であればどなたでも検査可能です。性病つまり性行為感染症は尿道炎(クラミジア 淋病)HIV 梅毒 肝炎などの感染症まで多岐にわたります。
これらの主な性病検査を一式行う、安心の為の検診です。心配なとき、不安がある時に悩んでも前には進みません。検診でしっかり安全確認をしましょう。