TOP




メンズヘルス外来について

メンズヘルス(MEN'S HEALTH)とは、男性諸氏の健康的な生活を考える科学医学とも言えるものです。当院は「男性科」という、男性特有の疾患や悩みについて真摯に向き合っていきたいと考えており、その診療も他には無い、男性にとって親しみやすくそして相談しやすいものとなっています。

今後の将来、あらゆる男性の皆様が、男性にとって特有の健康相談が安心して受けることができる信頼のできる医療機関が必要不可欠だと考えます。そのような医療機関になるべく医療法人男健会北村クリニックでは努力を続けて参ります。皆様が、よりいっそう健康的で活力ある生活と人生を謳歌できるよう、医療法人男健会北村クリニックは全職員全力で支援してまいります。

その中でも「男性力検診」はブライダルチェックとも呼ばれています。自分自身が気になる男性諸君の希望、あるいはパートナーのチェックをしたいと思う女性などからの依頼での検査になります。ホルモン検査、精液検査など種々の検査結果によって、男性としての基本的内分泌生殖能力の客観的評価を行い、男性医学の観点から適切なアドバイスを行います。

このような方はメンズヘルス外来をお勧めします

  • 結婚前に自分が男性不妊症ではないかどうか心配。
  • 最近、体力低下が強く心配。男性としての活力を 専門医に評価してもらいたい。
  • 特に大きな問題はないが、自分自身の男性としての機能の評価を専門的に診てほしい。

男性力検診(メンズヘルスドック)

男性ならではの健康、性的能力、筋力や運動能力の評価や向上のため、男性ならではの重要事項に特化した検診。それが男性検診です。
健康な日々を求め、そして、男性として、運動や性的活動も生き生きとして人生を謳歌したい、と考えることはとても大切なことです。その大元になるものは、やはり体の健康です。さらに男性としての、ホルモンの問題、生活習慣の問題、各種代謝異常の問題、生活習慣病の問題、前立腺の病気、筋力のチェックなどが、とても大切な確認事項になります。

これら男性ならではの、特殊項目の検診を行い、運動習慣、生活習慣、食習慣について包括的チェックとアドバイスを行う、そしてサプリメントの摂取に関しても適切に指導を行うことが、この検診の目的になっています。いつもの人間ドックとは全く異なる視点での検診です。つまり健康のみならず男性の生活の質向上の為の特別な検診です。運動を頑張るアスリートから、筋トレを一生懸命向上させたい方、妊活中の方、性的満足をしっかり充実させたい方、男性としての勃起力をより若く保ちたい方、生き生きした中高年以降の人生を謳歌したい方など全ての男性諸氏の為の検診です。

院長は、男性科の専門診療を行う一方、自身も、長いスポーツ歴を持っています。そして現在も現役で、ウェイトリフティング、筋力トレーニングに、真剣に取り組むアスリートの一人でありスポーツの愛好家の一人でもあります。したがって、いわゆる理論のみの医師の診察だけではなく、適切な検診評価に加えて、実践知識に裏打ちされた、栄養学、運動学、筋肉生理学、トレーニング学、サプリメント学、さらに生殖能力のアップの為の最適な生活・運動指導を行うことが可能であります。このような男性専門の検診が行える国内でも先駆的な当院のシステム。男性科専門診療所ならではの「男性の特別な検診」「メンズヘルスドック」であります。

男として、より元気で活力ある人生のため、身体健全と、より一層の機能向上を目指し、共に最善の道を考えていきましょう。是非ともご利用ください。
ご予約の際は男性検診希望、メンズヘルスドックご希望とお伝えください。

「男性検診 メンズヘルスドック」

A
コース 6,800円(税別)
【検診内容】
身長・体重・スリーサイズ・体脂肪率測定・基礎代謝概算・体内年齢測定・筋肉量・骨量・体内水分量・握力・血圧・酸素飽和度測定・(心臓ペースメーカーの患者さんは一部が測定不可能です)・男性ホルモンと前立腺癌検診項目の採血検査・問診・カウンセリング
B
コース 9,800円(税別)
【検診内容】
基本になる【A】に加えて各種、生活習慣病検診(高脂血・糖尿病・尿酸値チェック・尿検査)がプラスされます。標準的なコースです。
C
コース 14,800円(税別)
【検診内容】
より専門的にあらゆるチェックを希望する方向けです。
上記【A】【B】に加えてさらに、副腎由来の男性ホルモンのチェック(欧米ではサプリメントとしてあります)、亜鉛(亜鉛は時に過剰摂取があります)、鉄分、クレアチニン(腎機能と全身の骨格筋量の指標)血球貧血検査(造血機能と男性機能も関連が深いです)、心電図検査なども追加したフルコースの検診です。
いずれの検診も所用時間は20分程度です。初診日に検診して、約一週間後に結果説明を生活指導と共に行います。痛みがある検査は全くありませんので快適です。検診結果説明日は、診察費用はかかりません。ただし、検診で異常が見つかったポイントの精査を行う場合は、基本的に、保険適応の診療費用が必要になりますのでご了承ください。
また、単発ではなく生活習慣・運動習慣・栄養習慣の改善ののち、数か月から半年程度で再評価することが好ましいと思います。

妊娠力・男性検診(ブライダルチェック)

赤ちゃんを授かるには・・・男性のチェックも非常に重要です。
男性不妊の症例は非常に多く、もし問題が隠れていても精査しない場合は、女性側ばかりが婦人科に通院することになり、無駄な処置が増え、時間とお金の浪費になりかねません。いたずらに辛い思いをする女性を何とかして救済したいと北村クリニックでは考えております。

妊娠を望まれる婚約者、恋人、あるいは新婚カップルの方など「子供できるかな?」 「なかなか妊娠しないけど大丈夫かな・・・」「妻ばっかり婦人科検診してるけど・・・俺は大丈夫かな・・・」などいろいろ悩みはあるかと思います。
婚前でお互いの検診をあらかじめする国も少なくありません。北村クリニックではこのような、お悩みのカップルに妊娠力として男性側の精査をきちんといたします。そして豊富な男性不妊症臨床経験に基づいて、検査結果に応じた最善のアドバイスを行います。是非ともご利用ください。

受診の流れ

(1)来院・問診票記載・診察・問診 ※予約なしでも随時検査は可能です。

(2)診察は精巣、外性器などの診察・エコー検査・尿検査・採血での内分泌検査

(3)二回目の診察日に精液検査(容器は初回受診日にお渡しします)
および検査結果の総合診断と説明を行います。

※  受診日は二日必要です。

費用:料金表をご確認ください

ブライダルチェックの内容について

ブライダルチェックは、精液検査、性病検診、生殖機能に関連するホルモン(内分泌)検査、精巣・精索など男性生殖器の超音波(エコー)検査などで精索静脈瘤などの詳細な検診を行うことがセットになったものです。一つ目は精液検査です。多くの方は自宅から持参される検体を用いることになっています。また二つ目のホルモン(内分泌)検査は基本的に採血検査のみで完了します。三つ目の性病検査は尿検査と血液検査の結果判明します。ここでの性病検査は当院の性病検査検診(STD検診)と同じく、尿クラミジア、尿淋菌、梅毒、HIV、B・C型肝炎となっており基本的な性感染症検査になっております。四つ目も大変重要です。男性生殖器、つまり精巣、精巣上体、精索部の詳細なエコー検査(超音波検査)触診などで精巣のサイズや内容物の確認、精巣上体のチェックで炎症や、精子の閉塞の所見が無いかどうか調べます。そして、男性不妊症、乏精子症や無力精子症、精巣委縮に非常に関連の高い、精索静脈瘤についても丁寧に調べて検査します。

ブライダルチェックを受けるメリット

まず女性の不妊治療一般は非常に高額な予算が必要となることが多いものです。妊活の初期の段階で、男性要因、つまり男性不妊症などの要因が無いか?などチェックすることで、一番適切と思われる妊活の方法、自然妊娠やタイミング療法か、人工授精か、また体外受精や顕微鏡受精が必要かどうかを見極め、回り道を最小限にして妊娠までの道のりを進みやすくなることです。また婦人科でも、男性の感染症の確認なども求められることも多く、当院でブライダルチェックしておけばその検査結果を用いることができます。また何らかの異常が見つかった場合は早期発見になりますし、その対象疾患についての適切な治療方針を一緒に相談していくことができます。そして何より、検査結果が正常であった場合には、ご夫妻はもとより、本人には非常に大きな安心と自信がやってきます。皆様が安心のため検査することも多いので、この点もメリットと言えます。

ブライダルチェックの予算について

当院でのブライダルチェック(妊娠力・男性力検診)は税別35,800円です。 多少予算はかかりますが、初回の料金お支払いのみで二回目受診の時の結果説明や相談については予算内で対応しており追加費用は掛かってきません。また前述のとおり、婦人科での各種不妊治療で、回り道をしていろいろな検査処置を行った場合、はるかに高額の予算が必要になることが一般的でありますので、男性の検診を第一に行うことは大変懸命な方法だと、男性不妊症を扱い男性科として診療する我々医師が、日々よく思うことです。

ブライダルチェックの対象となる方々について

ブライダルチェックについては、必ずしも既婚者のみが対象なのではありません。独身男性でも興味があって行う方も多いですし、婚約など考えるときに検査を受けられる方も少なくありません。メンズヘルスにとって、この男性力の検診、ブライダルチェックは大変重要であると考えます。お気軽にご相談ください。