TOP


頻尿とは何ですか?

頻尿とは、「排尿の頻度が多く、排尿の回数が多い」症状のことです。大体の目安では、一日全体で8-10回以上の尿の回数があれば頻尿と言えますが、排尿回数は個人差がありますので、自分自身が、おしっこの回数、排尿回数が多くて困っていれば頻尿と考えていいかと思います。

頻尿の原因はどのようなものがあるか?

頻尿の原因は実は大変多くあります。
  • 過活動膀胱
  • 排尿障害から残尿(排尿後も膀胱に尿が残存する状態)が発生するから頻尿になるケース
  • 尿の量、尿量が多く多尿のため頻尿の場合
  • 尿路感染症の刺激での頻尿
  • 尿路の腫瘍や尿路の結石による頻尿
  • 心因性の頻尿
などがあります。
特に過活動膀胱は日本国内でも800万人の患者さんがおられます。大変多い疾患です。尿意切迫感といって、膀胱に尿があまりたまっていなくても急激な尿意があったりしますので、尿が漏れそうになったりして大変生活の支障になりえるものです。 排尿障害では、前立腺肥大症が代表的です。尿が出にくくなって、その結果、残尿が発生して頻尿になってしまいます。 また脳血管障害、脳梗塞や脳卒中や、神経疾患のパーキンソン症候群などの神経の異常でも膀胱の尿意の感覚が過敏になって頻尿になることがあります。畜尿障害と言ったりします。

尿失禁とは?

尿失禁は、尿漏れ、尿もれともいわれます。自分の意思と関係なく尿が体外に漏れ出してしまうことです。女性に多く、日本では40歳以上の女性で4割程度、この尿失禁の経験があると言われています。 一番多い尿失禁は、腹圧性尿失禁というタイプです。くしゃみ、大笑い、おなかに力を入れる、運動する、ジャンプするなど体に力が加わったとき、つまり、腹圧が高くなった時に尿が漏れる状況のことです。骨盤低筋群といった、骨盤の筋肉の排尿の括約筋と関連する筋肉軍の筋力低下が原因となっています。加齢、運動不足、体力低下、出産などの影響からこの骨盤低筋群の劣化が起こり得ます。他には切迫性尿失禁や溢流性尿失禁があります。

頻尿・尿失禁は上述のように、女性に多い疾患であります。女性は特に閉経時期に体に変化が起こりやすいので、さまざまな症状がおこることがあります。そのひとつに、頻尿、尿失禁(にょうもれ)があります。実は、割と皆様のストレスになっており、生活に支障が出ていることがあります。しかし特に女性の場合は、頻尿や尿失禁の症状では、多少恥ずかしいことと感じるため、医療機関の受診については、我慢してしまう傾向があります。その気持ちはよく理解できます。しかし、大変多くの患者さんが困っているありふれた疾患でありますので、より快適な生活のため、是非とも、お気軽にご相談いただきたいと思います。できる限りの治療のご提案をさせていただきます。

頻尿のお悩み

おしっこの回数が多く、場合によっては夜間にもトイレに行くためにその都度目が覚めたりして、生活の質の低下がみられる方は少なくありません。「歳のせい・・・」 などと諦めてはいませんか?それは頻尿といわれる状態であり、適切な治療が必要こともあります。また適切な手当で見違えるほど改善し、日々の苦痛がなくなる方もたくさんおられます。おしっこの回数が気になるのであれば迷うことなく、まずは相談に来て下さい。

診察については、尿検査、腹部超音波検査、問診などが主体であります。

頻尿の治療については主に薬の治療が中心になります。 膀胱炎や膣炎、尿路結石、膀胱腫瘍など神経的な要因以外からの頻尿の場合には原疾患の治療が最優先となります。

神経的な頻尿の場合

  • 膀胱の筋肉の緊張を和らげて蓄尿しやすくする治療。多種の薬剤があります。
  • 膀胱から尿意を伝達する過敏な神経反応を緩和する薬
  • 睡眠障害などもあれば一部の抗不安薬や睡眠導入剤も併用。
  • 脊髄の尿意関連の神経に作用するある種の漢方薬の使用。
  • 特殊な膀胱炎などでは、抗アレルギー薬や抗炎症剤などを使用。
  • 尿の希釈障害・多尿傾向などあれば腎機能など改善のための治療を行います。
などが治療の主なものです。専門医として適切に診療し、助力させていただきます。 日常生活で、おしっこのことを気にせず快適に過ごせるようになることが目標です。是非ともご相談ください。

尿失禁のお悩み

皆様で、尿パッドを使用している方はいませんか?また尿をしたくなったらすぐに尿がもれそうになることはありませんか?尿失禁は、とくに女性に多く、生活の支障になり、かつ、とても鬱陶しい気分の原因になるものです。腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁、その混合型に主に分けられますが特に前者の失禁は、中高年女性に多く、悩みの種になっているわりに病院にも行けず、隠れて苦労している方が非常に多いです。まず勇気をもって相談にいらしてください。快適な生活の支援をいたします。

腹圧性尿失禁の治療

  • 尿道括約筋の力を強める薬
  • 膀胱の緊張を和らげる薬
  • 骨盤の筋力アップ図り、尿道括約筋の力をアップさせる運動やリハビリ
  • 重症であれば経腟的な手術療法での尿失禁改善手術を行う。
などがあります。
重症例の腹圧性尿失禁に対しては、または内科的治療やリハビリ的治療で不満足な場合は手術の適応もあります。尿道の下を安定させることで尿失禁が減ります、つまり尿道の可動性を過剰にならない様にする目的です。ポリプロピレンメッシュ素材のテープを尿道の下面に挿入し、尿道尿道を支持する手術療法「TVT手術」「TOT手術」といったものも最近では有用です。体への負担も大きくなく長期成績も良好なため、必要があればこれら手術対応が可能な医療機関をご紹介することもあります。尿失禁や頻尿は大変、生活の支障になります。皆様のよりよい生活に是非ともお役に立ちたいと切に願っています。

医療法人男健会 北村