TOP


皮膚の症状について

陰部の皮膚の症状についても大変多い訴えになります。皮膚科と泌尿器科とかかわってくる分野になります。特に男性器や陰部の皮膚の症状についてはお悩みの方はとても多く、誰しも多少のトラブルの経験はあるのではないかと推測されます。主に聞かれる皮膚の症状について説明したいと思います。下記に思い当たることがあれば、相談に受診なさってください。

❶ 陰部の皮膚が赤い(陰茎部など)

可能性として亀頭包皮炎、陰部ヘルペス、湿疹性変化、他稀に皮膚腫瘍疾患などがあります。視診と問診の上、必要な検査を追加して治療を行うことになります。また慢性の亀頭包皮炎の主因として包茎がとても大切な問題の一つになります。包茎の症例で、亀頭包皮炎に非常になりやすい環境になります。包茎の手術療法も必要に応じて施行することもあります。ご相談ください。

また亀頭包皮炎はよく見られる疾患で仮性包茎の方であればだれでもなりえる病気です。カンジダや細菌感染で亀頭包皮炎が起こります。背景に生活習慣の病気、糖尿病などが隠れていることもしばしばあります。

❷ 陰部の皮膚のかゆみ(陰茎部や陰嚢部または会陰部などのかゆみ)

この場合湿疹性変化や、毛嚢炎、あとは毛ジラミ、陰部真菌症などの可能性があります。陰部のかゆみも不快で大変うっとうしいものです。視診や必要な検査追加によって診断して症例ごとに対処して参ります。市販薬も多数ありますが、適切に治療しないとかえって症状悪化の問題も時にありますので、いつでもご相談ください。

毛ジラミも最近でも時にみられる病気で、非常に強いかゆみのことが多いです。タオルやマットレスなど共用からうつることがあるので、注意が必要です。毛ジラミの専用の除虫剤の処置などが必要になります。また湿疹性変化が一番多いことですが、その人の陰部の環境も湿疹が起こりにくいように整えることも大切になってきます。総合的にアドバイスができれば良いと考えています。

❸ 陰部の皮膚にできものがある

陰部の皮膚のできもの、皮膚の腫瘍性変化、潰瘍や水疱など、通常では無い変化の場合もご相談ください。尖圭コンジローマに代表される感染性の皮膚疾患も多いものです。まれに皮膚がんや陰茎癌も発見されます。また梅毒感染の症状の一つとして陰部、陰茎の皮膚の潰瘍や、しこりなどがあります。いつもの皮膚の感じとことなる皮膚病変を見つけた時には、相談をしていただけると幸いです。

陰部ヘルペスも頻度の高い疾患です。水疱形成など痛みを通常伴うことが多いので自己診断される方も多いです。内服や外用の治療を行います。また、再発しやすいのが陰部ヘルペスの特徴なので生活指導も大切になってきます。そして、尖圭コンジローマも多い疾患です。当院では外科処置と内科的外用薬の処置のいずれも可能で、おのおのの長所を合わせてできるだけ短い期間で治療できて、かつ、身体的・経済的負担の少ない方向性を常に考えていきます。相談をしながら一緒に治療をしていきます。皮膚がんも時に発見されます。陰茎癌もあります。不明の陰部のできものについては受診が必要であると思います。

❹ おちんちんの白っぽいブツブツについて

陰茎部、ペニスの特に環状溝(いわゆる、カリのあたり)中心に、白っぽいブツブツができて相談に来るケースがしばしばあります。これらの多くは、フォアダイズと言われるもので、皮脂腺の変形したものが白いイボ状になっているもので基本的には良性疾患ではあります。感染症ではありません。

しかし、見た目が少し、グロテスクで、気持ちが悪いと感じる方も多いです。治療が必須とは言えませんが、見た目を綺麗にする目的で切除・処理することは可能です。仮性包茎の症例で局所が湿っておりいつも蒸れている場合に発生しやすいと言われています。当院でも相談は受け付けております。また切除の場合では一般的に処置時間は15分程度で、局所表面麻酔での処置で対応しております。費用は症例にもよりますが2~3万円程度で済みます。気になる方はご相談ください。